rogo_ver2_150.png

HOME > QA-Questions

よくあるご質問

契約関連

書庫関連

電子決裁関連

契約関連

Q1.利用料金はいくらですか。

A.1工事 1か月あたり 15,000円(税抜き)です。  利用料金=15,000円/月 × 利用月数 となります。
下水道事業支援センターのホームページからJS-INSPIREのページにある「システム利用料金について」をご確認ください。

Q2.利用対象となる「設計金額50百万円」はどこで確認できますか。

A.日本下水道事業団(以下、JS)のホームページの「入札・契約サイト」-「入札結果検索」に表示される予定価格(税抜き)に消費税を加算した金額です。

Q3.設計変更により50百万円を超える場合は、設計変更後に途中から申し込みが必要ですか。

A.当初設計金額50百万円以上の工事が対象ですので、設計変更により50百万円を超えた場合は対象外です。

Q4.15日以降に申し込むとその月の利用料金はかからないのですか。

A.申し込み日ではなく、利用契約日が15日以降の場合、利用契約月の利用料金は発生しません。
詳しくは、下水道事業支援センターのホームページからJS-INSPIREのページにある「利用料金詳細」をご確認ください。

Q5.利用料金の請求はいつですか。いつまでに支払えばよいのですか。

A.請求は各月の14日と月末に締めて翌営業日に請求書を送ります。支払期限は締め日より1ヶ月以内となります。

Q6.見積書の発行はできますか。また、利用料金を振り込んだ後、領収書の発行は可能ですか。

A.ご依頼いただければ、請求書を郵送するときに見積書を同封いたします。また同様に、ご依頼により入金を確認後、領収書の発行も行います。

Q7.事前に工期の延長が見込まれますが、およその工期で申し込んでよいですか。

A.工事契約工期で申し込みを行ってください。

Q8.アカウントは会社で1つ持つのですか、それとも個人で1つ持つのですか。品質管理照査技術者として、2つの工事を担当した場合、それぞれアカウントを変えるのですか。

A.アカウントは個人で1つ持つことになります。2つの工事で同じアカウントを使うことができます。

Q9.受注者の契約管理者は誰が担当するのですか。

A.受注者の契約管理者は、ご利用申込時の「1.契約管理者」欄に記入された方になります。どなたでも契約管理者になることが可能です。
ただし、利用期間終了通知のメールは契約管理者に送られますのでご注意下さい。(利用期間延長手続きは、このメールから行います。)

Q10.1人で何件もJS-INSPIREを申し込むことが出来ますか。

A.何件でもお申し込みできます。

Q11.申込完了後、工事件名を間違えて申し込んだことに気づいた場合、どうすればよいですか。

A.申込時の契約管理者が、管理者専用ページを開き、「チーム管理」からチーム名を変更することができます。
ただし、請求書等の工事件名は修正されませんので、サポートセンターにお知らせ下さい。

Q12.事前協議チェックシートは受注者から発注者に提出して協議を行うのですか。

A.その通りです。

Q13.事前協議チェックシートの協議は、発注者の誰と行えばよいですか。

A.監督員(施工監督)と協議してください。

Q14.それぞれの職位はどのようにして決まるのですか。

A.職位とは、工事における役割(現場代理人、監督員、主任監督員等)を指します。原則、監督員通知(発注者側)、現場代理人等通知書(受注者側)のとおりです。その他は、受発注者双方で事前協議チェックシートを用いて決定します。

Q15.JSの利用者管理者はJS内の誰を想定していますか。利用者管理者を変更することは可能ですか。

A.利用者管理者は各事務所の事務職員を想定していますが、監督員の兼務も可能です。
利用者管理者は変更できます。また、複数人登録することも可能です。

Q16.チーム作成の招待前にアカウント登録をすることは可能ですか。

A.アカウントの登録は招待時のみ可能です。招待前の登録はできません。新規作成も同様です。

Q17.チームへの招待はどこから行いますか。

A.チーム開設完了通知のメールに、招待ページへのURLが記載されていますので、そちらのリンクから招待できます。
または、チームマスターであれば管理者専用ページを開き、当該工事の詳細画面からも行う事が可能です。
なお、チームマスターとは、管理者権限を持つ契約管理者、利用者管理者を指します。

Q18.受注者側で利用者を招待・削除することが出来る「利用者管理者」を追加することはできますか。

A.契約管理者が利用者管理者を追加することができます。
追加方法については、サポートセンターにお問い合わせください。

Q19.一度設定した契約管理者を変更することはできますか。

A.利用者側では変更できません。 サポートセンターにお問い合わせください。

Q20.招待作業は一気に(連続で)行わなければなりませんか。

A.招待の作業は複数回に分けて行えます。必要に応じて追加招待もできます。

Q21.JS-INSPIREの利用終了前に事前に通知はありますか。

A.利用期間が終了する2週間前に、契約管理者宛てに「利用期間終了通知メール」が送られます。

Q22.工期延長の場合はどのような手続きを行うのですか。

A.利用期間が終了する2週間前に、契約管理者宛てに「利用期間終了通知メール」が送られます。
メール本文に、利用期間を延長する場合のURLが記載されていますので、そちらのリンクから利用期間の延長手続きを行って下さい。

Q23.工期短縮の場合はどのような手続きを行うのですか。

A.下水道事業支援センターのホームページにある「利用期間短縮申請書」をクリックして、必要事項を記入の上、工期短縮のわかる書類を添付して、JS-INSPIREサポートセンター利用期間変更申請専用アドレス  js-ins_hn@sbmc.or.jp  にご連絡下さい。
申請書確認後、返金金額をメールにて通知し返金依頼書を郵送いたします。

Q24.工事一時中止の場合はどのような手続きを行うのですか。

A.下水道事業支援センターのホームページにある、「利用一時中止申請書」に必要事項を記入の上、工事一時中止のわかる書類を添付して、JS-INSPIREサポートセンター利用期間変更申請専用アドレス

js-ins_hn@sbmc.or.jp にご連絡下さい。

Q25.データ登録量が明らかに少ない場合、料金を減額できますか。

A.データ登録量が10GB以下の場合、1工事1ヵ月あたりの利用料金は一律です。

Q26.データ登録容量が10GB以下とありますが、10GBを超えた場合、追加料金は発生しますか。発生する場合、いくらですか。

A.10GBを超えると、5GBごとに (3,000円/月 × 残利用月数) + 手数料 (5,000円)(税抜き)の追加料金が発生します。
下水道事業支援センターのホームページからJS-INSPIREのページにある「システム利用料金について」をご確認下さい。

書庫関連

Q1.1回に登録できるファイルの最大サイズはどれくらいですか。

A.いかなる形式のファイルでも1ファイル/回の最大は700MBです。
700MBを超えるものは、複数ファイルに分割することで登録できます。

Q2.添付ファイルの容量を小さくした上で差し替えた場合、容量を減らすことになりますか。

A.履歴として残ってしまうため、現行の重たいファイルを削除して、軽い(容量を小さくした)ファイルを新たにアップロードする必要があります。

Q3.電子決裁を必要としない書類(紙で提出・決裁した書類等)はどのように取り扱えばよいですか。

A.書庫のフォルダに登録(アップロード)を行ってください。
ファイルを登録したことを関係者へメールで通知することもできます。
また、各ファイルについて誰が確認したかが「未読/既読」でわかるようになっています。

Q4.添付ファイルについて、ダウンロードせずにコメントを書き込む等編集することは可能ですか。

A.システム内で直接ファイルを編集することはできません。
コメントを書き込む等の場合には、必ずファイルをダウンロードする必要があります。

Q5.登録するフォルダを間違えた場合はどうすればよいですか。

A.フォルダ内のファイルを選択して、別のフォルダへ移動させることが可能です。

Q6.ファイル書庫へ動画を保存することは可能ですか。

A.可能です。電子ファイルであれば、いかなるファイル形式でも保存できます。(ただし、1回に登録できる1ファイル/回の最大サイズは700MBです)ファイルを開く際には、パソコンに読み込むためのソフトが必要です。

Q7.閲覧権限のみのアカウントで、書庫のフォルダに書類(ファイル)を登録することは可能ですか。

A.ファイルを登録(アップロード)することは可能です。

Q8.各フォルダ内に登録する際のファイルの命名規則はありますか。

A.特に命名規則はありません。

Q9.機器設計製作図書の承諾申請書や機器製作計画書について、JS設計担当者には従来どおり紙で提出し、決裁済みの書類を電子データ化して書庫のフォルダに登録することでよろしいですか。

A.当初から電子データで取り扱うのか、紙で提出して決裁した書類を電子化してJS-INSPIREに登録するのか、JS監督職員と受注者で事前協議チェックシートを用いて協議して決定してください。

Q10.機器設計製作図書の承諾申請書は枚数が多く非常にボリュームがありますが、全てを電子データで登録するのですか。

A.原則、情報共有の観点から全てを電子データで登録することとしています。

電子決裁関連

Q1.発議を取り消す方法はありますか。

A.引き戻し機能にて対応しています。
利用マニュアル【書類(ファイル)管理ならびに発議編】の8-4.発議文書を引き戻すをご参照ください。

Q2.工事帳票(鑑)にコメントを入れて返すことは可能ですか。

A.承諾画面および決裁画面にてコメント欄を設けています。

Q3.承諾した後で誤りに気づき修正したい場合、どのように受注者に戻すのですか。

A.工事帳票(鑑)および添付ファイルとも、最終決裁者または承諾者によって差し戻すことが可能です。

Q4.工事帳票(鑑)および添付ファイルは、最終承諾前であれば、いつでも編集できますか。

A.基本的に編集可能ですが、既に承諾処理が始まっている書類は、必ず「引き戻し」処理を行ってから編集してください。

Q5.電子決裁にて、差し戻しと再発議があった場合、過去の工事書類を確認する事ができますか。

A.書庫のフォルダに修正した書類(ファイル)を登録する際に、履歴のアップロードを行うことで、過去の書類を履歴を遡って確認することができます。

Q6.ファイルを添付して差し戻すことは出来ますか。

A.発議・承諾画面と同様に、差し戻す際にもファイルを添付するためのボタンが搭載されています。
利用マニュアル【書類(ファイル)管理ならびに発議編】の「8-2.ファイルを添付する」をご参照ください。

Q7.差し戻しの理由は後で確認できますか。

A.コメント欄に書いていただければ、履歴で確認することが可能です。

Q8.差し戻しについて、差し戻された本人と差し戻した方だけのやり取りになってしまい、他の関係者へ差し戻しの内容が伝わらないのではありませんか。

A.発議・承諾画面と同様に、差し戻し画面で差し戻す内容や理由をコメント欄に記入し、通知先を選択して差し戻すことで、他の関係者にも内容を伝えることができます。
利用マニュアル【電子決裁編】の「4-1.文書を承諾する」をご参照ください。

Q9.決裁ルートの追加はどのように行いますか。

A.追加方法についてはサポートセンターにお問い合わせください。

Q10.受注者の協議に対して打合簿に回答を記入したいのですが、どうすればよいですか。

A.書類の編集画面で、発議事項の「内容」欄に回答を記入して承諾することで受注者へ回答できます。

Q11.工事打合簿(工事帳票(鑑))の欄外に表示される押印は、どのような並び順になりますか。

A.承諾処理を行った順に、右から左に押印欄と押印が増えていきます。

Q12.保存ボタンを押さずに承諾処理を行っても保存されますか。

A.承諾ボタンを押すと、自動的に保存されます。

Q13.電子押印について、電子印の登録機能が付いていますか。

A.電子印として登録するのではなく、システムに登録された名字が押印に表示されます。
印字される文字の変更は可能です。

Q14.添付した文書(図面)の拡大はできますか。

A.添付した文書に対応したソフトで開くことになりますので、ソフト上で拡大等を行ってください。

Q15.決裁が終わった際に、発議者に連絡は来ますか。

A.発議者には、決裁時に決裁完了のメールが届きます。

Q16.誤ってデータを削除した場合、復元することは可能ですか。

A.故意・過失に関わらず、システム上で削除をした場合は復元することは出来ません。
削除に関するボタンを押すと内容確認画面が表示されますので、ご注意の上操作して下さい。

Q17.差し戻し後に再発議する場合、古い添付ファイルを削除して、新しいファイルを添付する事ができますか。

A.電子決裁の[ファイル添付へ]ボタンよりファイル操作で添付ファイルの削除と追加ができます。

ページの先頭へ

問合せ先

<申込や利用に関する事>

JS-INSPIREサポートセンター
東京:TEL 03-6803-2685
大阪:TEL 06-6245-5105
Mail: js-inspire@sbmc.or.jp

<システムや操作に関する事>

カスタマーサポートセンター
TEL:03-5961-7715
Mail: supports@basepage.com

<ご意見・ご要望>

日本下水道事業団
技術戦略部技術基準課
TEL:03-6361-7840
http://www.jswa.go.jp/

受付時間

  9:30~12:00/13:00~17:00
    (土日・祝祭日と当共同提供体の休業日は除く)