1.下水道アドバイザー制度について


1) 下水道アドバイザー制度とは

下水道整備を推進している公共団体等が、その事業について普及啓発、計画・建設、経営、維持管理などに関するアドバイスが必要なとき、経験豊富な技術者や学識経験者(下水道アドバイザー)のアドバイス(講演・助言・指導等)を気軽に受けられる制度で、中小市町村から大都市、都道府県や、財団法人等の方に広くご利用いただけます。なお、この制度は、国土交通省の協力・支援のもと行われているものです。


講  演

下水道事業の経験談・苦心談・失敗談・事業推進のコツ、排水設備責任技術者講習会の講師など


相  談

下水道条例、用地買収、地元住民への説明のコツ、水洗化・下水道PRの方法、処理施設運転、下水道経営などの悩み相談など


助言指導

処理場・ポンプ場、管渠の管理・運営・点検などのコツ、工場検査のやり方など



2) 下水道アドバイザーについて

国土交通省・JS(日本下水道事業団)・地方公共団体等で下水道事業を豊富に経験して退職された方で、社会奉仕的な考え方をお持ちの中から厳正な審査を行い適格と認められた方達ですので安心してご利用いただけます。



3) アドバイザー機関について

アドバイザーの業務を支援する為の機関で、公共団体等とアドバイザーの連絡調整、必要な事務処理を行うもので、国土交通省からの依頼を受け、(一財)下水道事業支援センターに置かれています。

  • ZpQl
  • s
  • uK
  • JS}쐬x
  • ͂
  • ܂邲e-[jO
  • JSC